けむりくらぶ

  • 050-5539-1124
  • kemuri.club@gmail.com

けむりを楽しく味わう、けむりくらぶオープン。

Ecig2.0Plus

Kecig 2.0Plusの使い方

同梱図

本体、説明書(日本語表記あり)、箱、USBケーブル、本体の中央にはめて回す際に使うゴム、製造日シール、綿棒(加熱後のゴミ等のクリーニング用)が入っています。箱の外装部分には販売会社のシールがついています(保障の問い合わせの際は必要です)

●本体分解図

分解図
上部、フタ部分。この中央にアイコス専用タバコ(ヒートスティック)を差し込みます。周囲に囲みがあるため、タバコ葉が内部に落ちない仕組みとなっており、クリーニングがしやすくなりました。
中部、加熱ブレード部分。タバコ葉を過熱する部分です。中央の加熱ブレードで加熱し、蒸気を生み出すシステムです。燃えませんが、カスは出ますので、汚れた場合クリーニングが必要です(自動クリーニング、および、綿棒等でのクリーニング)。目につくほどゴミやカスが付いたまま、また別のヒートスティックを挿入して吸う場合、こげた臭いや味に変化が出てくることがあります。加熱ブレードはセラミック製ですので、押す、ひねる、などで折れる事があるので注意が必要です(アイコスでも良く折れる場所です)
下部、バッテリ部。および、操作ボタン、USBケーブルの差し込みぐち、がついています。


●手順

充電する(本体横の部分にUSB差し込み口があるので、充電する)完全放電している場合

  • 2時間満充電で、10本(最大12本)吸うことができます。通常は10本とご案内しています。
  • iPadなどの2,4Aなどの専用高速充電機、車のシガーチャージャーでの充電は、負荷が大きくなり、故障の原因となる場合がありますので、通常のUSB充電をおすすめします。車の場合は、エンジンスタート後の状態での充電をおすすめします(エンジンスタート時に充電しますと、急激な電圧がかかることがあり異常発熱など故障の原因となります) IQOSやGLOなどの充電器も2Aですので、この製品に添付のケーブルで充電をしてくださるようお願いいたします。
  • 本製品は、保証期間は60日ですが、300回の充電にも耐える設計となっております
  • 異常加熱等の際は自動停止する機能がついています

●使用する

アイコス専用ヒートスティックを奥まで差し込みます(途中までしか入っていませんと過熱されず吸えません)

  1. 電源をオンにする場合は1,5秒間の間に中央のボタンを5回押すと白いライトが3回点滅します。
  2. アイコス専用ヒートスティックをまっすぐ奥まで差し込みます。
  3. 2秒以内に3回スイッチを押すランプが点滅し、加熱を開始します。タバコが吸える温度になるとライトが点灯します。最大3分30秒間の間、吸うことができます。
    (途中ですうのをやめる場合は、また3回クリックで止めて、スリープモードに入りますが、1本は最後まで吸う事をおすすめします)
  4. 時間が来ますとランプが点滅し、自動的にスリープモードに入り停止します。最低30秒以上空けないと、次が吸えません。
  5. フルに充電してありますと、10本-最大12本は吸えます(充電が必要になった場合は、再度充電してからご利用ください)
    喫煙後は、ヒートスティックは燃えるゴミとして廃棄してください。
  6. 電池がなくなると、スイッチの周囲が赤に点滅します。その場合は充電してから、お使いください。

●アイコス専用ヒートスティックを差し込むプレートは、吸引後、すぐに取り出してください。タバコのゴミや葉のカス等が残る事があります。取り除いてから新しいタバコを使用してください。
このプレートはセラミックプレートですが、その際やクリーニングで押してしまった際、プレートを折ってしまうことがありますので、葉やゴミを取り出す際はプレートが破損しないように注意してください。
毎日、自動クシーニングを行って加熱ブレードをクリーニングし、綿棒で周囲をクリーニングする。この手間をきちんと行えば、快適に吸うことができます。
ゴミやチリ、カスが付いたままで連続して吸引した場合、味に雑味出てきますので、その前にクリーニングをしてください。

●吸引時間は、1本につき、3分半、吸うことができます。3分半で自動停止しますので、ヒートスティックを取り出します。吸引後30秒以内には、次のヒートスティックを吸引することができません。

●自動クリーニング
動作が停止している状態で、5秒間スイッチを押し続けると、赤と白のライトが点滅します。ライトが点灯すると、本体が加熱しながら自動クリーニングをします。
加熱ブレードまわりがきれいになりますので、その周囲のカスや油等が残っていれば、取り除く、綿棒(添付のものか、加熱ブレードをじゃましない細めのもの)で、クリーニングをすることで余分な匂いもとれますので、おすすめします。

●タンクの掃除のしかた
説明書にも記載がありますが、タンクカバー内に燃えカスなどが残っている場合は、付属のスティック、ほか、綿棒、布等でクリーニングをしてください。

その他、使用に関してお問い合わせは、カスタマーセンタまでお願いいたします 
※少人数運営のため、メールでお願いいたします。
平日は1-2時間以内で対応が可能です(対応時間10時-18時)

お問い合わせはこちら

Go To Top